センキューマイ ダディ

父が旅立ちました。
7月26日未明
人生に一度しかないことがおきてしまいました。
これもいつかは乗り越えなければ成らない試練。
ここで父が見せた生き様をしっかりと
心の見えない場所に刻み込み、胸を張って
生きていこうと思います。
父よ、ありがとう。
あなたが僕らの手を引いて
歩いた道をさらに僕らは進んでいきます。
手を引いてくれたことを忘れずに。
「夢をやりとげろ」
父からのエールの言葉。
下を向いている時間はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする