10年目の旅からの帰途

さて、みなさん。
僕の旅におつきあいいただきありがとうございました。
途中、いろいろな苦難や考えもしなかった進展があったり、
へこんだ日もあり、
喜んだ日もあり、
2ヶ月間必死であがきながら、この旅を続けてきました。
気がつけば、この旅も初めてアラスカを旅してから10年目の旅になりました。
今年も様々な出会いと新しい兆しをもらって、今シアトルで
このエントリを書いています。
友人と酒の席で今までの人生の歩んだ日にちの数が話題に出ました。
便利なサイトで自動計算させると今日でちょうど12257日の日を迎える
ことになります。
10年目ではなく積み重ねた1本の道として、
12257回の今日を積み重ね、今ここに居ます。
あの日も
この日も
同じ一日。
そして、まだまだ長い旅の途上。
しかし、ひとまずは、日本に帰ってゆっくりしたいと思います。
僕が今回旅を続けて来れたのはアラスカで、支え続けてくれる友人達の
支えがなければ、とても実現できませんでした。
アラスカというのは人気のない、未開の荒野に見えるかも知れませんが、
僕にとっては暖かな友人達の待つそんな土地になってきました。
10年目にしてやっとそんな自分のアラスカの地図が見え始めたのが
何よりの収穫かもしれません。
そして、いろいろなコメントをくれた皆さん。
コメントを返していませんが、ありがとうございました。
なにより、どんなコメントであれ、暖かくうれしく思いました。
まあ、カメラは派手に壊しましたが、
良い写真も撮れました。
そして、さらにタフになった気がします。
友達が言ってました。
「大丈夫。 メーカーは今日も工場で新しいのを作っているから、カメラは買えば良い。」
そんな言葉をかけてくれる友達と積み重ねた1日もありました。
日和った事を言っているように見えるかも知れませんが、
中身は相変わらず、ギラギラです。
さて、飛行機の登場時間が来たようです。
ひとまずは、ここで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする