これは、アートか?


街を歩いていたら、アートに出くわした
倒れた自転車にまるで、何か意味を込めたかのように空き缶やらゴミを挟み込んであった
駅前のジュースの自販機の横に駐輪していた自転車が何かの拍子に倒れたのだろう
そのあとは容易に想像がつく
通りかかった人がそれぞれゴミを自転車に差し込んで行ったらこうなったのだ
しかし、面白かったのは最近、モノという事物が捨てられる事でその道具としての使命から解放されるという事を写真で表現した写真家の話を聞いたので、この通行人という不特定多数の人が作ったストリートアートを見た時にこの話を思い出した
自転車という意識はそれぞれゴミを捨てていった人は持っていたはずだけれど、自転車が倒れてしまうだけでその意識は何処かに消えてしまう
その事を前に写真家が写真にした話を聞いた時はアーティストとして持った感覚があって表現できるのかと思っていたけれど、実はこんな身近で不特定な人たちの無意識に存在しているとは思わなかった
人がモノに対して共通に持っている常識的なイメージって意識的な部分に存在しているのかも
と、思った
ゴミ箱に捨てたらいいのに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする