これが選んだおれの道

今日、友達に息子が生まれました。
そろそろ予定日だと思っていたら、
今朝、メールが入っていて、
「母子ともに健康、今朝息子が生まれました」
とのメール。
さっそく電話すると
今朝、自分の息子が生まれる瞬間に
たちあった感動が友達の言葉から
あふれていた。
「とにかくすげえ!いやー瞬間はやっぱり涙がでたね!!」
照れ屋で自分の感動をわざわざ言葉に
するような彼ではないのに。
彼とは小学校からの古馴染みで、
奥さんも同じ中学だったから知っているし、
とにかく母子ともに健康だと言う事が何より嬉しかった。
10代の頃、漠然と夢を抱え、あちこち僕も彼も
旅をしながら、自分達の将来を語っていたあの頃。
あれから気が付けば10年・・・。
同じように結婚はしたけれど、
未だ僕は旅の途上。
彼は定職に就き、自分の家族を持った。
振り返る暇もなくここまで来たし、
これからも走り続けて行くしかないのがおれの道。
今日ちょっと、振り返ってみたけれど、
自分の家族を持った彼ほど、何か僕にはあるのだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする