ちょっとした運の悪さ

南下して撮影に望もう!と思ったとたん、
さっそくお休みになりました。
あれから、南下して遡上の始まったシロザケとベニザケを
合わせて撮ろうと潜った所、何故か右腕から浸水。
そんな理由で水から上がるのももったいないので、
寒さを我慢して撮影続行。
手首のゴムの部分がねじれていたので、きっと
そこが原因だったのだろうと納得して、
次の日もまた潜ってみるとまた同じ部分から浸水。
よく調べてみると、このまえ取り替えた手首の接着が
剥がれかけてそこから浸水していました。
結局、アンカレジまで戻ってその日の内に接着修理。
翌日はいざ、撮影!と意気込んだところで、暴風・雨強し。
とても撮影どころではないので、幾つかのポイントをチェックしながら、
更に南下して、結局友達のキャンプグラウンドに非難してトレーラーで休む事にしました。
暖かい室内にほっと一息ついて、濡れたドライスーツを干そうとカーテンレールに
手を伸ばした時、グラッとバランスを崩して、
慌てて手をついた先が窓。
ガチャン。と見事に割れました。
と、このエントリを投稿してたら、頭の上をワタリガラスが
バカにしたように「カポロン、カポロン」を鳴きながら
飛んでいきました。
アラスカのネイティブの神話ではこのワタリガラスはこの
世界の創造主となっていて、神の使いとされています。
ここ、数日の運の悪さはどこかで誰かにいたずらされているような
そんなことがつづいています。
まるで、今のワタリガラスが「その通り!」と言ったかのように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする